fig-memo フィギュア★メモランダム

フィギュアレビュー&レビュー情報まとめサイト

【レビューまとめ】ダイバディプロダクション「ポリニアン モートロイド ピンクル」

time 2017/06/09

【レビューまとめ】ダイバディプロダクション「ポリニアン モートロイド ピンクル」

【レビューまとめ】ダイバディプロダクション「ポリニアン モートロイド ピンクル」

基本スペック

発売日:2017年6月9日
価格:6,588円(税込)
サイズ:全高約150mm


この記事は「ふたばちゃんねる」より一部を転載しています。

 

少々発売が遅れていましたが、やっと発売されました~。

 

まずは箱。

 

扉内側のキャラクター解説

 

扉を開けた所

 

付属品が多いためブリスターは2段です。

 

本体をぐるっと。
関節の構造、可動箇所はこれまでと同じです。膝の関節が壊れそうなぐらいキツくなってました。

 

付属品
手首の数はこれまでのものとかわりません。
表情は変化しないキャラかと思ってたのですが、意外といっぱい入ってました。

 

サンバイザー状のポリスキャップは前髪ごと交換しますが、取り付け用前髪と帽子自体も取り外し出来ます。

 

表情は4種。
上段の2つは一見同じ物の様に見えますが、よく見たら瞳の描き込みが違いました。

 

おさげパーツを付けたところ。

 

おさげパーツも関節付きで可動します。

 

スカートパーツを付けたままでも、このぐらいは可動します。

 

上半身を外し背中のパトランプ型リボンを外すと、スカートを取り外せます。

 

各部を取り外し、ここまで軽装化する事が出来ます。
うちの個体は太もものアーマーが塗料で癒着していたので、温めてからゆっくりと外しました。

 

警棒(ビームサーベル?)はビームの部分を取り外し出来ます。

 

腰のパトランプは上下に可動します。

 

顔パーツはこれまでのシリーズと相互互換です。
物によってはキツいものもあるので注意。
…アイちゃんかな?

 

ここでひとつショッキングなお知らせが…
ユメとメルの太ももからふくらはぎにかけて、肌の白い部分が黄変していました…
公式Twitterの情報によると、ポリニアンは無塗装の部分が白い成型色のため、一般的なキャラクターフィギュアよりも人の手の皮脂が原因による黄ばみが目立ちやすいとの事です。
触る時は手の汚れには気をつけていたつもりなのですが、残念です。
ただ、一番古いクローバやシャムロックではどこにも黄ばみが出ていないので、これが皮脂による汚れが原因なのかはよくわかりません。
今回のピンクルから白い部分も塗装仕上げになったため、黄ばみはかなり防げる様になったそうです。
塗装されているので白い部分にスミ入れを考えている人は塗料の種類に注意して下さい。

 

以上、ポリニアン モートロイド・ピンクルでした~。

 



down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

◆最新レビュー記事◆


グッスマ 甲鉄城のカバネリ 無名

ファニーナイツ Fate/Apocrypha セミラミス

コトブキヤ FGO ランサー/玉藻の前

スカイチューブ 悠月柑奈 illustration by 深崎暮人

グッドスマイルカンパニー セイバーオルタ~卑王鉄槌~

ユニオンクリエイティブ GANTZ レイカ ガンツソードVer.

ブロッコリー 時崎狂三

キューズQ ランサー/スカサハ

フレア キャスター/エリザベート・バートリー[ハロウィン]

WING 沙耶の唄 沙耶

メガハウス カリファVer.BB

プラム アサシン/スカサハ

アルファマックス 時崎狂三

メガハウス  人造人間18号 Ver.II
過去のレビュー記事は⇒こちら

 


Access counter

  • 334363総訪問者数:
  • 133今日の訪問者数:
  • 588昨日の訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数: