フィギュア豆知識

【フィギュア豆知識】スケール編

フィギュアのことを知れば、

もっとフィギュアが好きになるっ!

【フィギュア豆知識】

のコーナー(^▽^)/

今回は「スケール」についてのお話です。

 

※ちなみにここでいう「フィギュア」とは、

「美少女スケールフィギュア」を指します。

 

スケールとは

スケールはフィギュアのサイズ(大きさ)を示しています。

例えばAmazonの商品ページを見てみると、

商品名の後ろに「1/7」とありますね。

これがスケールです。

実際の等身の何分の一サイズになるかを示しています。

分母(右側)の数字が小さいほど、

サイズが大きいよ!って覚えてください。

 

このスケールで表記するフィギュアを

「スケールフィギュア」と言います。

ねんどろいどやfigmaなどの

「アクションフィギュア」

デフォルメされているフィギュアは

ノンスケールとされます。

 

いわゆるスタチューフィギュア

つまりポーズが固定されたフィギュアを

「スケールフィギュア」

と覚えればOK。

 

 

スケールフィギュアでよく使われるサイズは、

「1/7」「1/8」が一般的。

ちょっと大きめになると「1/6」

逆に小さめな「1/10」

フリーイングのS-styleなんかは

「1/12」という手のひらサイズです。

 

そして、大きなスケールのほうが

満足度が高いのは言うまでもなく、

最近はフリーイングのバニーシリーズでも有名な、

「1/4」というスケールのフィギュアも

一般的になってきました。

 

さらには「1/1スケール」

つまり等身大のフィギュアも販売されていますw

1/1スケールのレム。

お値段、1,598,400円なりw

 

実際の大きさは?

どの部分がスケールを表すのか

というのは理解して頂けたと思います。

では、実際のサイズはどれくらいなのでしょう。

 

設定上、身長160cmのキャラが

「1/8」スケールであれば、

160÷8=20。

つまり20cmのフィギュアになります。

元のキャラが180cmの1/8スケールなら、

180÷8=22.5cmということになりますね。

 

仮に身長が160cmのキャラであった場合、

各スケールで実際のサイズは以下のようになります。

1/12スケール:約13cm

1/10スケール:16cm

1/8スケール:20cm

1/7スケール:約23cm

1/6スケール:約27cm

1/4スケール:40cm

 

分かりやすいように手元にあるフィギュアを

撮影してみました(^▽^)

なるべく差が分かりやすく、造形もシンプルなものをチョイス。

向かって左:STP 金蓮 1/6スケール 約260mm

中央:アルター 松浦果南 1/7スケール 約230mm

向かって右:wave ヨーコ 1/8スケール 約200mm(頭頂部)

こうして見ると結構違うのが分かりますね。

 

実際には各メーカーによっても多少バラつきがあります。

元ネタの身長が公開されていない場合は劇中からサイズを読み取ったり、

独自の解釈が加わる場合もあるのであくまで目安になります。

メーカー側も出来上がったサイズを見てスケールに当てはめるようです。

 

また、スケールではなく、

実寸で表記するメーカーもあります。

その場合は、全高約230mm

というような表記になります。

 

各スケールの特徴

それでは各スケールの特徴を

簡単にご説明します。

 

【1/12】

Re:ゼロから始める異世界生活 レム 水着Ver. 1/12スケール 全高約130mm

まさに手のひらサイズ。

250ml缶と同じくらい。

机上に飾ったり気軽に楽しめますが

満足度はやや低いかな。

 

【1/10】

世界制服作戦 とある科学の超電磁砲S 御坂美琴 1/10スケール 全高約160mm

最近はあまりリリースされないサイズです。

フィギュアの価格が高騰してる最近では、

サイズと価格のバランスが悪く、

売れにくいのだと思います。

 

【1/8】

 高垣楓 甘美なる姫君Ver. 1/8スケール 全高約240mm

一般的なスケール。

ボリュームのある衣装や

エフェクトがある場合に、

おさまりの良いサイズですね。

逆にシンプルな造形だと

ちょっと物足りなさがあります。

 

また、サイズが小さい分、

細部の造形や塗装の塗分けが粗くなりがち。

このスケールでシャープかつ

塗分けの丁寧なフィギュアは

すごく頑張っているフィギュア

ということになります。

 

【1/7】

SAO -オーディナル・スケール- シノン 1/7スケール 全高約250mm

1/8スケールと並び、

スケールフィギュアでは数が多くメジャーなサイズ。

それなりの大きさがあるので

細部の造形や塗装の塗分けがしやすく、

クオリティの高いフィギュアが数多くあります。

見た目のボリュームもあるので

飾ったときの満足度も高いです。

それだけに、質の悪い造形や塗装は

目立ってしまうんですよね(^▽^;)

 

【1/6】

ララ・サタリン・デビルーク 1/6スケール 全高約265mm

アダルト系のフィギュアに多いスケール。

一糸まとわぬ状態になった時の迫力が違います!

ここの1/71/6の差は計り知れませんww

 

【1/4】

FGO セイバー/アルトリア・ペンドラゴン 1/4スケール 全高約390mm

1/71/8にくらべ10cm以上も大きくなりますので迫力が違います!

ただし、飾るスペースの確保という問題が発生します(^▽^;)

その辺を考慮してか、

座っているポーズや、膝立ちポーズのフィギュアも多いです。

 

価格の違い

スケールサイズが大きくなれば価格も上昇するのは当然ですが、

単純にサイズで価格が決まるわけではありません。

パーツ点数が多く工程数のかかるものや、

造形の細かい物が価格を押し上げる要因になるほうが多いと思います。

そのため、シンプルな造形のフィギュアは、

サイズの割に価格がリーズナブルだったりするわけですね!


マックスファクトリー 澤村・スペンサー・英梨々 1/7 14,800円


グッドスマイルカンパニー 澤村・スペンサー・英梨々 水着Ver. 1/7 10,500円

 

同じスケールでも約1.5倍の価格差があります。

もちろん、メーカーが売れると見込んで価格を抑え、

受注数の目標値を高くすることで

帳尻を合わせる方法もあると思います。

一概には言えませんが、

購入者としてはスケールの割に価格が安い

というのはありがたいですね(^▽^)/

 

まとめ

スケールについてのお話しは以上です。

少しはスケールのことが理解いただけたでしょうか?

結論は、サイズもクオリティも見ごたえがあって、

飾り映えするフィギュアが欲しい!

これにつきますw

 

しかし、デコマスや実際の商品を目にしてから購入できる場合はいいんですが、

田舎に住んでいると通販に頼りがちになります。

実物のイメージがモニター越しにしかわからないまま購入し、

その結果、予想以上に小さくてなんだかガッカリ。。。

そんな経験ありませんか?

私は何度もありますw

 

そんな間違いを少しでも減らすためにも、

フィギュアの購入を検討する際に

「スケール」

ちょっと気にしてみてはいかがでしょう。